• <dd id="sac0u"><samp id="sac0u"></samp></dd>
    <samp id="sac0u"></samp>

    トピックス

    物体領域を推定するAI

    東芝が、通常のカメラ(可視光カメラ)で撮影した画像から、不規則に積み重なった物体の
    個々の領域を高精度に推定するAIを開発、同AIを搭載した荷下ろしロボットが2021年度に
    市場にお目見えするそうです!

    これまで、物体の領域の特定には3次元センサを用いた手法があり、高精度に特定できるが、
    センサのコストと事前学習に必要となる3次元データの収集負担が高いという課題がありました。
    そこで同社が開発したのが、物体の候補を点で推定する物体領域抽出方式!

    通常のカメラで撮影した画像から、個々の物体領域を高精度に推定でき、
    これは乱雑に積み重なった状態でも、重なる2つの物体を1つの物体としてとらえずに、
    個別の物体として認識することが出来るそう??!

    東芝のAI技術カタログにわかりやすい詳細が載っていたのでお借りして???


    ↑重なった状態でも個々での物体領域がはっきり認識されていることがわかります。

    公開データを用いた同AIの実証実験では、物体領域の推定における推定精度が、
    従来方式から45%の改善を実現し、従来の3次元センサを用いたAIと比べて、
    事前学習の手間を大幅に削減でき、容易に導入することが出来るそうです。

    ロボット向けに物品把持のための形状推定機能として活用され、
    物流ライン自動化に向けた荷降ろしロボットや、ピッキングロボット、
    自動運転向け周辺環境センシングなどにも応用されるようです!

     

     

    「既存設備を使いやすくしたい!」「制御盤だけ直したい!」「設計だけ頼みたい!」
    そんな時も中村電機へご連絡ください!

    ご相談?お見積りは
    有限会社 中村電機
    042-753-2709(9:00~17:00 土日祝除く)
    または当ホームページ内お問い合わせフォームからご連絡ください

    鱿鱼AV免费网站_久久中文字幕无码中文字幕有码_XVIDEOS国产在线视频_国产麻豆剧果冻传媒视频