• <dd id="sac0u"><samp id="sac0u"></samp></dd>
    <samp id="sac0u"></samp>

    トピックス

    動作の効率UPは生産性UPに!

    一般社団法人日本カイゼンプロジェクトの会長、柿内幸夫氏のコラムで興味深いものが
    ありましたので、トピックスにさせていただきたいと思います。

    どんな現場でも、よりよいパフォーマンスのために【改善】という作業が必要かと思いますが、
    ただやみくもに改善していくのではなく、着目する項目という点で、
    動作経済の四原則」というものが役に立つようです。

    動作経済の四原則は、ギルプレス(1868.7ー1924.6)が提唱し、その後
    多くの学者や実務家によって整備され、法則化がなされたといわれているもので、
    ムリ?ムダ?ムラのない作業の動作を実現しようとするものです。

    ①仕事をするときは両手を同時に使うこと
    ②必要な基本動作の数を最小にすること
    ③個々の動作の距離を最短にすること
    ④動作を楽にすること

    この中で今回のコラムに載っていたのは、①仕事をするときは両手を同時に使うことの部分でした。

    ”ピンボール”という「より少ない労力で、より早く、より楽に、という作業方法を学ぶための器材」で、
    ボードにある30の穴に30本のピンを挿す作業をしている人の動作を観察して、その人のスピードを
    数値で観測するものがあります。

    初めに何の説明もせず、この作業をやらせると半分くらいの人は
    左手でピンをたくさん掴んで、それを右手で1本ずつ取って挿すというやり方をするそうです。
    これは一見”両手を使っている”ように見えますが、実は動作経済の四原則からすると、
    ”両手を使っている”ことにはならないそうです。なぜなら、この時の左手はピンを保持しているだけで、
    単純に”入れ物”としての機能しか有しておらず、付加価値を生んでいないから。
    ”両手を同時に使う”ということは”両手が同時に付加価値を生むこと”が必要なのです。
    この場合でいうと、それぞれの手に1本ずつピンを取って、左右対称に手を動かしてピンを挿すというのが
    ”両手を同時に使う”ということになります。

    両手で同時に付加価値!といっても、
    例えば右手で〇を、左手で△を同時に描くのでは品質が保てない???
    利き手で別々に描くべきです。
    また、1mも間が離れた穴に同時にピンを挿すのは遅くなるし疲れる???
    1本ずつ挿すべきです。
    同時に動かす場合は、動きが左右対称であり、距離が25cm以内であることが必要だそうです。

    もし、現場で片手のみで付加価値をつけている作業があったら、
    治具を作ったり道具を工夫して、両方の手が使えるようになると、必ず生産性があがるとのこと。

    この考え方は、今回の手による作業に限らず、
    例えば人と機械が同時に付加価値を生み出しているか?
    どちらか片方が”監視作業”になっていないか?
    という見方にも応用できるので、現場改善の考え方?見方の一つとして覚えておくといいなと思います。

    生産性UPにつながることを、できることからコツコツと。

    「既存設備を使いやすくしたい!」「制御盤だけ直したい!」「設計だけ頼みたい!」
    そんな時も中村電機へご連絡ください!

    ご相談?お見積りは
    有限会社 中村電機
    042-753-2709(9:00~17:00 土日祝除く)
    または当ホームページ内お問い合わせフォームからご連絡ください

    鱿鱼AV免费网站_久久中文字幕无码中文字幕有码_XVIDEOS国产在线视频_国产麻豆剧果冻传媒视频